赤ちゃんが欲しい

赤ちゃんが欲しい、赤ちゃんが出来ないなどについて記しています。

RHOME

R食べ物が原因で赤ちゃんができないことがあるの?R

食べ物が原因で赤ちゃんができないことがあります。

どういった食べ物がその原因かというと、体を冷やすものや活性酸素を増やす食べ物です。

体を冷やすものは、冷たい食べ物、体を冷やす食べ物、添加物が多いもの、白砂糖が多く使われているものです。

実は、添加物が多いものや白砂糖が使われているものって、体を冷やしてしまいます。

それを知らずに食べている人って、結構いると思います。

これらを食べると絶対に体が冷えるという訳ではありません。

食べ過ぎると体を冷やしてしまうので、もし食べる場合は食べ過ぎないようにしましょう。

体が冷えると、生殖機能が低下して、赤ちゃんができにくくなります。

そして活性酸素を増やすものは、脂っこいものです。

揚げ物が好きな人って多いですよね。

日頃から揚げ物をよく食べている人って多いと思います。

体内で活性酸素が増えると、体、卵子の老化が進み、赤ちゃんができにくくなります。

赤ちゃんが欲しいと思うのであれば、こういった食べ物はあまり摂りすぎないようにしましょう。

Rお酒を飲むと赤ちゃんができにくくなる?R

お酒を飲むと赤ちゃんができにくくなってしまうことがあります。

普段からお酒を飲んでいる人って多いと思います。

たしなむ程度に飲んでいるのであれば、そんなに大きな影響はありません。

しかし、毎日大量に飲んでいると、赤ちゃんができにくくなってしまうのです。

排卵障害が起きたり、生理不順になったり、受胎能力に影響を与えてしまいます。

普段からあまりお酒を飲まない人と、よく飲んでいる人とを比べると、赤ちゃんができる確率は約半分なんです。

これってかなり大きいですよね。

これは女性に限ったことではなく、男性にも影響があります。

お酒を普段から飲んでいると、奇形の精子が増えたり、勃起能力が低下してしまいます。

そのため、男性もお酒はよくないのです。

赤ちゃんが欲しいと思っているご夫婦は、できるだけ夫婦でお酒を控えるようにしましょう。

R性病によって赤ちゃんができないことがある?R

性病によって赤ちゃんができないことがあります。

どういった性病かというと、クラミジアなどです。

クラミジアに感染してしまうと、子宮や卵管、卵巣が炎症を起こします。

炎症が起こることにより、卵管が塞がってしまって、卵子が通らなくなってしまいます。

すると、受精できたとしても、卵管を通れないので、妊娠できません。

また、卵管に着床してしまった場合、子宮外妊娠となります。

子宮外妊娠の場合、出産はできないので、手術をして、摘出になります。

そして、たまに卵管が破裂してしまうことがあり、そうなった場合は非常に危険な状態になってしまうのです。

それに、上手く妊娠できたとしても、流産のリスクも高くなります。

性病って、赤ちゃんができにくくなってしまうだけでなく、こういったことがあるので、非常に怖いのです。

また、女性ホルモンの分泌が低下してしまうこともあります。

性病に感染してしまったら、早期発見、早期治療が必要です。

赤ちゃんが欲しいのであれば、なおさらです。

しかし、女性の場合、性病に感染してもなかなか気付かないことがあります。

もし、ちょっとでも何か異変を感じたら、すぐに病院へ行きましょう。

赤ちゃんが欲しい、赤ちゃんが欲しい、赤ちゃんが欲しい